スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元明大ラガー、渡辺大吾容疑者を逮捕、痛恨の投資トライ失敗(スポーツ報知)

 かつての快足ラガーが、金もうけに目がくらんで自らの華麗な経歴に泥を塗った。高利回りのファンドへの出資名目で多額の金を違法に集めたとして、大阪府警生活経済課と同府警南署による合同捜査本部は17日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、東京都世田谷区の元ラグビー23歳以下日本代表で元競輪選手、コンサルタント会社「インベストメント・パートナーズ」(大阪市中央区、事実上閉鎖)会長の渡辺大吾容疑者(37)ら男女5人を逮捕した。同容疑者は、容疑を認めているという。

 大阪府警生活経済課によると、渡辺容疑者らは知人ら約20人に「(金券などの)チケットを売買し、利ざやを稼ぐ」などと説明。2008年4~9月に計約1億円を集めたとみられる。

 逮捕容疑は08年5~8月、元本保証や月5%の高配当をうたい、ファンドへの出資者を募集し、関西地区の会社員計3人から4回にわたり、計1500万円を集めた疑い。渡辺容疑者は「事実については間違いない」と容疑を認めているという。

 同府警には昨年3月ごろから「配当が支払われず、連絡が取れない」と出資者からの相談が相次ぎ、同課などが捜査していた。渡辺容疑者はインベスト社の会長として出資者を募る一方、集めた金を自らが代表の別のコンサルタント会社「大立コーポレーション」(大阪市)に預け、運用益で配当するとしていた。

 ともに逮捕されたインベスト社代表取締役・本多譲二容疑者(28)も、逮捕前に「集めた金は渡辺容疑者が代表を務める別会社で運用していた」と説明。しかし、同課は別会社が資金運用した実績は確認できなかったとしており、配当の見込みがないまま金を集めたとみている。本多容疑者は「出資者の多くは身内や知人。配当は2008年5月から支払ったが、同年12月には金が回らなくなった」と説明した。

 渡辺容疑者はラグビーの元スター選手。50メートル5秒台の快足を武器に奈良・天理高では全国高校大会で2年時に優勝。高校日本代表にも選ばれた。明大でも1、3年時に大学選手権優勝。23歳以下の日本代表にも選出された。

 当時はラグビー界はプロが認められていなかったため、明大卒業後は「プロスポーツへの魅力」を理由に日本競輪学校に入学し、96年にデビュー。当時最高クラスのS級まで昇格。06年1月付で選手会に退会届を出すまで生涯獲得賞金1億4000万円あまりを稼いだ。大阪・南船場にインベスト社を設立したのは08年5月。結婚歴が1度あるが現在は独身。被害者にはラグビー現役時代の渡辺容疑者を知る人が複数おり、その知名度で信用した人もいたという。

 【関連記事】
ラグビー元日本代表の渡辺大吾容疑者ら逮捕

<労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向--09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
<神経回路>再生、妨げる仕組み解明(毎日新聞)
皇太子さま、ウィーン少年合唱団公演をご鑑賞(産経新聞)
<シー・シェパード>元船長に懲役2年求刑 調査捕鯨妨害で(毎日新聞)
大阪港に体長70センチのワニガメ(産経新聞)
スポンサーサイト
プロフィール

つだまさひこ

Author:つだまさひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。